「スプレッド」とはFX取引は通貨を買ったり、売ったりすることによって利益を生む商品です。売り買いの値段は変化しています。これがマーケットです。テレビのニュースをみていると外貨の市場の情報が流れることがあります。よく見かけるのが、「今のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表示しています。言い換えると、売買には買いと売りの値段があるという事です。売値、買値の事を別の言い方で表している業者もあったりします。一般的に売値が安く定められています。私達が買値は高く、売値は低くなるのです。その差額をスプレッドといい、取引業者の利益といわれています。スプレッドの差は業者によって変化します。スプレッドは投資家にとって出費になるので、狭いFX取引会社を選んだほうが有利になります。ただ、同じFX取引会社でも場合によってスプレッドの広さは変動します。例えば通常時はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッド幅だとしても、為替相場の変化が激しいケースでは大きくなります。という訳で、スプレッドが小さいのと同じくらい安定しているということが必要です。変化しないスプレッドの差を見せるFX業者も数多くあったりします。リアルに取引会社の取引画面の中でマーケットを調べなければ区別できないので面倒くさいですが重要な事です。貴重な投資資金を使って売り買いするのだから実際の注文の前に、気になる業者の新規口座開設を試して、スプレッドの幅を点検しましょう。同じ通貨ペアでもその時点の市場の状況によって外貨のスプレッドの広さは変わります。一般的には、インターバンクで取引高が多いペアではスプレッドが狭く、あとの通貨ではスプレッドの差が広がる事が多いです。